Google製ハッシュアルゴリズム「CityHash」が登場 - CtrlShift.net

Google製ハッシュアルゴリズム「CityHash」が登場

Googleが新しいハッシュ・アルゴリズム「CityHash」を考案したようです。

このハッシュ・アルゴリズムを考案したGoogle社員は、「Geoff Pike」氏と「Jyrki Alakuijala」氏で共にSoftware Engineering Teamに所属しているようです。

「CityHash」は特に文字列に対して有効なハッシュ・アルゴリズムで、文字列から64bit、128bitへのハッシュを生成してくれます。

このアルゴリズムは暗号化処理などに向いているわけではないそうですが、ハッシュ・テーブル用として有効だそうです。

もともと「Austin Appleby」氏が考案した「MurmurHash」というハッシュ・アルゴリズムがあり、それに着想を得て改良を加えたものが「CityHash」のようです。

欠点としてはソースコードがやや煩雑になっているようなのですが、コードの複雑さよりも処理スピードを優先したそうです。

最低でも30パーセント、最大で200パーセントの処理スピードの改善が見込まれるそうです。

気になる方は、ソースコードをコンパイルしてみてはいかがでしょうか。

ライセンスはMITライセンスです。

プロジェクトのページは以下のリンクをたどってください。

参考リンク

Permalink| TopPage|

Archives

About Site

このサイト「CtrlShift.net」では、IT業界の動向、ソフトウェア開発技術、ネットの情報、アイデアなどなどをまとめて配信しております。

多くのITディベロッパーのため、広くは世界のため、そして最低限でも自分のために、有益な情報を集めていきます。

管理人: CtrlShift

膨大で無秩序なデータの中から、有益な情報を抽出する技術を研究。

主にC/C++、PHP、Python、Lisp(趣味)を使用。

管理サイト

RSS

Recent Articles

Archives

Copyright © 2008 - 2017 CtrlShift.net
All rights reserved.