「Windows Marketplace for Mobile」が本格始動に - CtrlShift.net

「Windows Marketplace for Mobile」が本格始動に

Microsoftが用意しているアプリ・ストア「Windows Marketplace for Mobile」が、いよいよ動き出すようです。

さてそもそも「Windows Marketplace for Mobile」とは、携帯端末用のWindows OSである「Windows Mobile」上で動くアプリケーション・ソフトを取り扱った、いわゆるアプリ屋さんです。

iPhoneで成功している「Appストア」を、Windows Mobileでも同じように実現しようと思って作られたのは言うまでもありません。

今年2009年7月27日からアプリの登録を開始し、全世界のユーザーに配布・販売が可能になっていくようです。

まずはWindows Mobile 6.5対応アプリのみ登録可能になり、年末までにWindows Mobile 6.0と6.1にも随時対応していくようです。

これまでの情報ですと、アプリの開発者は売上高の70%を報酬としてもらうことができます。

年額99ドルを支払えば最大5つのアプリを登録できて、それよりも多くのアプリを登録したい場合は、追加登録料としてアプリ1つ当たり99ドル支払う必要があります。

ただし、学生向け支援制度「Microsoft DreamSpark」を利用すれば料金は免除されるというシステムもあるようなので、学生は有意義に使いましょう。

WindowsやMicrosoftを中心としたユーザーの数というのは、恐ろしいほどたくさんいるので、この「Windows Marketplace for Mobile」に登録するアドバンテージは大きいですね。

Permalink| TopPage|

Archives

About Site

このサイト「CtrlShift.net」では、IT業界の動向、ソフトウェア開発技術、ネットの情報、アイデアなどなどをまとめて配信しております。

多くのITディベロッパーのため、広くは世界のため、そして最低限でも自分のために、有益な情報を集めていきます。

管理人: CtrlShift

膨大で無秩序なデータの中から、有益な情報を抽出する技術を研究。

主にC/C++、PHP、Python、Lisp(趣味)を使用。

管理サイト

RSS

Recent Articles

Archives

Copyright © 2008 - 2017 CtrlShift.net
All rights reserved.